2016年3月5日土曜日

堤丘 防災訓練

3月5日

西方沖地震から11年
東日本大震災から5年
どちらも3月のことでした。
堤丘校区では
毎年3月の第1土曜日に
校区を挙げて
防災訓練を実施しています。

今年も
消防署の方々や
消防団の方々の
協力の元
堤丘小学校体育館で
210名の参加者に

地震の備えについて
DVDを視聴後
2班に分かれ
AEDを利用した救命措置
消火器の使い方
毛布を利用した負傷者の搬送
について
実際に体験しながら
方法について学びました。

今回の防災訓練には
次代を背負う子どもたちも
数多く参加しており
まずは、
「自分の身を守る」
そして」
「大きな声で助けを呼ぶ」
その次に
消火活動であったり
救命措置であったり