2015年6月28日日曜日

堤丘 子ども会親善ドッヂビー大会

6月28日(日)
前日までのぐずついたお天気が
うそのように、
梅雨のさなかとは思えないほどの
さわやかな天気に恵まれました。

このさわやかな天候の中
堤丘校区の子ども会親善ドッヂビー大会が
堤丘小学校体育館で
早朝より
開催されました

参加者数は
子ども(130)・保護者(70)・地域の方々(50)
で250人に達しました。

堤丘小学校の児童数が
減少する中
毎年、参加人数が増えているとのことで
今年10年めになるこのドッヂビー大会が
子どもたちだけでなく、保護者、地域の方々に
楽しまれていることがうかがわれます

各町から高学年・低学年で
チーム編成され
高学年低学年にわかれ
総当たり戦で予選

勝ち点上位チームによる
決勝戦の結果

高学年も低学年も
堤団地チームの優勝となりました。

特に高学年の決勝戦は
白熱した試合(堤団地vs樋1)で前後半終了時
同点ということで
延長戦が行われ
その結果堤団地チームが
優勝を勝ち取りました。
おめでとうございます。

敗れたとはいえ
樋1チームも頑張りました
延長戦が終了したときは
一生懸命応援していた
保護者の皆さん・対戦チームの保護者の皆さん
すべての観客から惜しみない拍手が両チームに送られました


決勝戦終了後は
6年生vsおやじの会の
エキシビションマッチが行われ、
お父さんたちは子どもに返り
子どもたちは
日頃おっかない(?)お父さんを相手に
ソフトディスクを当ててやろうと
がんばっていました

ドッヂビー大会を開催するに当たっては
体振・おやじの会の協力と
なんといっても、
青育連を中心とした
各町の子ども育成会の
お母さんたちの頑張りが