2017年9月12日火曜日

堤丘 トークフォークダンスって?

平成29年度 長尾中校区 文化スポーツ交流会開催

910()長尾中学校体育館で
生徒、先生、保護者、地域の方々と
「トークフォークダンス」をしました。

生徒 実行委員は
質問(テーマ)内容を考え、設営、司会進行
すべてを仕切り、
大人53名、生徒31名を
楽しみだけど、
ドキドキする時間に連れて行ってくれました。

大人と生徒が対面に向き合って座り、
テーマにそって話をしていきます。
1分間の話のあと、
生徒が時計回りに隣の椅子に移動し、
フォークダンスのように
相手を変えて対話をしていきます。

ある方が
「大人としてこたえるべきか、個人としてこたえるべきか悩むところ」
と言われた方がいらっしゃいました。
大人がこたえるテーマに
「今一億円がもらえたら何につかいますか?」
の質問に
大人の方は何とこたえたのでしょうね?

また生徒がこたえるテーマに
「学校で一番好きな先生はだれ?」
「今一番壊したいものは何?」
など、
1分間で話をしなければならないので
偽りはなく本音のはなしに
聞く側も貴重な1分間なのだ
と感じていた方が多かったのではないでしょうか
大人も生徒たちも
身を乗り出して話に聞き入っていました。

 「話だしたら止まらなくなり1分間が短い」
「自分が中学生の時と比べ1分間で話ができる今の中学生ってすごいね」
「しっかりした考えを持っている子が多く感心した」
などの大人の感想と、
生徒の方は
「大人が考えていることを知ることができてよかった」
と…
1時間半を実行委員の進行により
無事に終えることができました。

家族ではない中学生と
1対1で話す機会はめったにありません。
地域の方々にも
また中学生にも
新鮮な印象を残した
『トークフォークダンス』
だったようです。

寄稿 青少年育成連合会 中学育成会

2017年9月11日月曜日

堤丘 中学生サミット開催!

長尾中生徒の作品が表紙に!
9月9日土曜日の午後
城南市民センターで
中学生健全育成フォーラム
『中学生サミット』が開催されました。

城南区の7校の中学校代表が揃い
テーマに沿ってディスカッションが行われ
中学生の意見交換や議論がなされます。
今年のテーマは
『将来役に立つ』
『個性を磨く』
でした。









今年の当番校は長尾中学校でした。
中学生サミットの司会を務め学校紹介や
アトラクションで吹奏楽部の合奏や合唱が披露されました。

2017年9月7日木曜日

堤丘 竹細工体験をしました(社協主催)

8/5(土)9:00~12:00
堤丘公民館で、校区社協主催の三世代交流会『竹細工作り』が行われました。

子ども32名、シニアクラブ16名、保護者20名
照りつける暑さの中、涼しい公民館講堂で70名近くの人達が
集まって楽しみました。









今年は竹細工を中心に
竹でっぽう、竹の花びん、
紙や牛乳パックで作る
紙とんぼなど、
シニアの皆さんに作り方を教えてもらって
難しいところは手伝ってもらいながら作りました。
子ども達は、実際にのこぎりで竹を切ったりもしました。
お母様方も大活躍!竹のふしを削ったり…
今まで竹をじっくりさわったり、見たことがなかったので、
それぞれの部分で、いろんな物が出来て不思議な感じでした。

今回は竹でっぽうで水遊びはできなかったけど、
紙とんぼを飛ばして遊びました。
飛ばすコツを教えてもらったあとは、よく飛ぶようになりました。



子どもたちから「楽しかった」という声も聞けて、
夏休みの思い出になったと思います。
来年は竹筒を作るそうなので、お友達と誘いあって
また参加して下さいね。



堤丘校区社会福祉協議会



2017年9月5日火曜日

堤丘 城南区親善壮年・レディースソフトボール大会

9月3日(日)博多工業高等学校グラウンドにて
壮年・レディースソフトボールの城南区大会が
開催されました(^O^)/














レディースは第二試合vs.田島校区、
第三試合vs.南片江校区と対戦しました!
残念ながら二敗でした。





















壮年の試合は、第三試合vs.南片江校区
第五試合vs.金山校区と対戦し、試合結果は一勝一敗でした!
満塁ホームランも飛び出して~(^O^)/
迫力ある試合でした♪

優勝は壮年金山校区、準優勝堤校区
レディースは田島校区、長尾校区でした。
来年は優勝目指して頑張りましょう!

2017年8月30日水曜日

堤丘 自治協だより9月号

夏休みも終わり、堤丘小学校や長尾中学校には
元気な声が戻ってきました(^O^)/

今年の福岡は暑~い夏休みでしたね!
まだまだ残暑も厳しいようですが…
朝晩は少し過ごしやすくなってきた
ようにおもいます。

堤丘校区ではスポーツや文化交流などの
行事が予定されてます。

秋はもうすぐそこですね♪






2017年8月29日火曜日

堤丘 堤丘小おやじの会サマーキャンプ

 おやじの会サマーキャンプ

 残り少なくなった夏休みの8月19日(土)から20日(日)にかけて一泊二日の子どもたちのサマーキャンプをおやじの会主催で小学校において行い、子どもたちに楽しい夏休みの思い出をつくりました。子どもたちの参加者数は46名で、多くのおやじの会メンバーが参加しました。

 子どもたちは、グラウンドでの水遊び、体育館でのスポーツ大会、やカレーを自分たちでつくり、おいしそうにたくさん食べました。

みんなで楽しく水遊び 
スポーツ大会
女の子がカレーつくり、男の子が炊飯係
みんなでおいしくいただきました。

堤丘小学校おやじの会



2017年8月24日木曜日

堤丘 家庭教育学習会開催

平成29年度 堤丘校区家庭教育学習会 開催
 日時 820()14:0016:00
場所 堤丘公民館にて
演題 「子どもの気持ち」
講師 SSC梶谷優子、SSW浦田梨央

SSC梶谷優子さん
SSW(スクールソーシャルワーカー)教育と福祉の両面から子どもが抱える問題を学校、家庭とあらゆる環境に働きかけ解決に導く社会福祉士。



SSW浦田梨央さん
SSC(スクールソーシャルコーディネーター)学校、家庭などと連携し、行政、地域、NPOなどの取組みと児童、生徒をつなぎ、学力の向上や基本的生活習慣の定着を支援する社会福祉士。
 



「スクールカウンセラーだより」「スクールソーシャルワーカーのお知らせ」など学校からのお便りでよく見かけるようになりました。何となく目をとおしていましたが、今回梶谷先生のお話を聞き今どのようなことが起こり、対策を練り、解決策を考えながら活動されている事をあらためて確認することができました。




現代の子ども達はいじめ、不登校などの問題行動だけでなく、障害、虐待、家庭の貧困など、かかえる問題が複雑化し、解決しにくい状況になっています。普通に生活しているように見えてもご飯を毎日食べることさえ出来ない家庭も増えているそうです。








「経験体験の不足、心の貧困、寂しい」と思う子ども達も増えてきました。昔に比べ取巻く環境の規制は厳しくなり、経験体験が積みにくい世の中になったと本当に思います。公園等ではしてはいけない事項が増え、家に帰れば、ゲーム、スマートホンなどのメディア漬けで、会話する人も居なく、学校に行くのも面倒、勉強も嫌!などの理由から学校に行かない、行けない子。心の貧困などにいじめ(肉体的、精神的、立場的な攻撃)なども横行し、いじめを受けた方も親にも誰にも言わず、言えず、悩んでいる。そのような悪循環を少しでも解消するために家庭、学校、地域の方、プロの力を借りながら保護者(大人)も大いに携わっていかなければならないと思いました。
まずはできることから。
その1★話を聞いてあげる。2★目を向ける。3★信じて味方になる。4★悪いことは悪いと教える。5★褒める、叱る時はきっちりと。6★乗り越え方とその力を教える。7★大好きを言葉で伝える。
 
 「はじめは緊張のせいか子ども達もあまりお話してくれなかったけど、今では子ども達と思いっきり楽しんでいます。」とお話いただいた浦田先生は堤小、堤丘小、長尾中学校を担当していただいています。
小学校では自由コーナーを設け折り紙ブース、読書ブース等で時間を過ごしながら悩み、相談などのお話を聞いて子ども達の心をほぐしてくれています。「なんでも相談したいことがあったら話してね」と言うと「相談て何?」と返ってきた返事に思わずほっこりしました。今後の取組みとして、
「子ども達が話したい時に話せる仕組みづくりをする」「子ども達のリクエストを活動に反映させて少しずつ内容を
 変えていく」      
「子ども達の力を活動に活かしていく」
ということでした。

先生方、地域の方とタッグを組み、子ども達がのびのびと過ごせる環境づくりに協力していきたいと思います。

寄稿 青少年育成連合会 中学育成会